あぶらとり紙のおすすめ人気ランキング16選

肌の皮脂を吸着してくれるあぶらとり紙のおすすめ人気ランキングをご紹介させていただきます。
あぶらとり紙のご紹介に加えて、あぶらとり紙の選び方や注意点についてもまとめさせていただきました。

プロモーション

あぶらとり紙とは

あぶらとり紙がどのようなアイテムなのかご存知でしょうか?

あぶらとり紙は額や鼻など肌に付着した皮脂を吸着して取り除くためのアイテムです。

肌のテカリやベタ付きが気になるときにあぶらとり紙を使うと大幅にテカリやベタ付きが抑えられるようになります。

ただ、皮脂には肌を守ってくれる効果もあるのであぶらとり紙で皮脂を取りすぎないように気をつけましょう。

あぶらとり紙を使うべき理由

あぶらとり紙がどのようなアイテムなのか簡単に説明させていただきましたが、それ以外にもあぶらとり紙を使うメリットが数多くあります。

特に女性だとメイクをする際に皮脂が肌に多い状態だと化粧の乗りが悪くなったりしまい綺麗に化粧を仕上げることが出来なくなってしまう原因になってしまいます。

なので、化粧をする前にあぶらとり紙で余計な皮脂を取り除いてから化粧をするようにすると化粧の乗りも良くなり肌のテカリも抑えることが出来るようになるので、あぶらとり紙を化粧の前に使うのがおすすめです。

また、小さめのあぶらとり紙を化粧ポーチに入れて持ち歩いて日中に肌のテカリや匂いが気になった時にさっと拭けるので持ち歩くのもおすすめです。

これ以外にもあぶらとり紙を使うメリットがあり、あぶらとり紙で取り除ける皮脂は地肌の上で酸化してしまっているため放置してるとニキビの原因にもなってしまうのであぶらとり紙を使うことはニキビ予防にも繋がります。

あぶらとり紙は日焼け止めを使う前にもおすすめ

夏の紫外線が強い日に多くの女性は日焼け止めを使うと思いますが実は日焼け止めの効果を最大化する方法があります。

あぶらとり紙で事前に肌の皮脂を取ることで日焼け止めの効果が皮脂に邪魔されず肌にしっかりと付けられるので、紫外線を大幅にカットできるようになります。

あぶらとり紙の選び方ポイント

あぶらとり紙には数多くの種類があり多くのメーカーから販売されています。数多くのあぶらとり紙の中で一体どのあぶらとり紙が自分におすすめなのかが分からずに困っている方が多いと思うので、あぶらとり紙の選び方をご紹介させていただきます。

あぶらとり紙の選び方をご紹介させていただいてから、あぶらとり紙おすすめ人気ランキングをご紹介させていただきますので、ぜひ自分に適したあぶらとり紙を探してみましょう。

あぶらとり紙の素材

まず、あぶらとり紙を選ぶ上で重要になってくるのがあぶらとり紙の素材です。

最も人気なのが紙製のあぶらとり紙で、あぶらとり紙が良く使われている京都では和紙で出来た本格的なあぶらとり紙が有名です。

和紙で出来たあぶらとり紙は肌触りが良く素材も柔らかいので皮脂の吸着力も高く人気があります。

また、皮脂が多い方におすすめあぶらとり紙はフィルムで出来たあぶらとり紙です。

フィルムで出来たあぶらとり紙は、皮脂を効率的に吸着する事が出来るので肌のテカリや匂いを抑えやすくなっています。

ただし、フィルムのあぶらとり紙は皮脂を吸着しやすい分、本来肌に必要な皮脂までも吸着してしまう可能性もあるので気をつけるようにしましょう。

最後に亜麻という自然環境に配慮されたあぶらとり紙もあるのでエコに関心のある方におすすめです。

あぶらとり紙の大きさ

あぶらとり紙は小さいものから大きいものまで多くの種類があります。

あぶらとり紙の大きさを選ぶ際には自分の肌の皮脂が多いか少ないかで選ぶと良いです。

皮脂が多い方だと小さめのあぶらとり紙を使うと皮脂を吸着しきれずに何枚もあぶらとり紙を使わないといけなかったりしてしまいます。

逆に皮脂が少ないのに大きめのあぶらとり紙を使うとあぶらとり紙の使ってない面積が多すぎて無駄になってしまう事があるので、自分の肌に適した大きさのあぶらとり紙を選ぶようにしましょう。

あぶらとり紙を使う場所

あぶらとり紙はポケットサイズのものから、数百枚入った大容量のものまであります。

例えば、自宅で使うためのあぶらとり紙であれば大容量のものがおすすめで、外出時に使うのであれば小さめのポケットサイズのあぶらとり紙おすすめです。

また、高級なあぶらとり紙だと大容量では販売されないことも多いので必然的に少量のタイプになってしまいますが皮脂の吸着力は非常に高いので自宅で使うあぶらとり紙として用意してても良いかもしれません。

あぶらとり紙のお値段

あぶらとり紙は安いものだと数百枚入って500円のものから、高級なあぶらとり紙だと20枚で2000円するものまで用意されています。

安いあぶらとり紙だと皮脂の吸着力が弱かったりもするので、最低でもあぶらとり紙の1枚あたりの金額が10円以上のものだと皮脂の吸着力が高くコスパも良いのでおすすめです。

あぶらとり紙のおすすめ人気ランキング16選

それでは、あぶらとり紙おすすめ人気ランキングをご紹介させていただきます。

これから初めてあぶらとり紙を使う方や普段からあぶらとり紙を使ってる方など、あぶらとり紙を比較しながら自分に適したあぶらとり紙を探してみましょう。

通販で購入すると近くのお店に売っていないあぶらとり紙も購入出来るので気になったあぶらとり紙はあったら通販で購入するのがおすすめです。

アナスイ
あぶらとり紙 80枚入り

1,280円
アナスイの「あぶらとり紙 80枚入り」
アナスイ

あぶらとり紙 80枚入り

¥1,185 (税別)

皮脂が少ない方の外出用のあぶらとり紙におすすめ

可愛いケースが特徴のあぶらとり紙です。

ケースが可愛いので外出時でもあぶらとり紙で肌のベタ付きやテカリを取りやすくて便利です。

ただし、このあぶらとり紙を購入する際には注意点があります。

ケースが可愛い分、あぶらとり紙としての吸着力が少々劣っているというレビューや口コミが多いので皮脂がそもそも少ない方が外出ようとして利用するのにおすすめです。

JILL STUART
あぶらとり紙 70枚入り 鏡付ケース付き

2,750円
JILL STUARTの「あぶらとり紙 70枚入り 鏡付ケース付き」
JILL STUART

あぶらとり紙 70枚入り 鏡付ケース付き

¥2,546 (税別)

プレゼント用にも喜ばれるあぶらとり紙

女性に人気のあるコスメブランド「JILL STUART」が販売しているあぶらとり紙です。

デザイン性の高さから女性からの人気が高くなっているのですが、少々あぶらとり紙の素材が固めでサイズが小さいのが難点です。

ですが、皮脂の吸着力は高いので小顔の方や皮脂が比較的に少ない方におすすめのあぶらとり紙です。

CHANEL
あぶらとり紙 150枚入り 鏡付ケース付き

3,001円
CHANELの「あぶらとり紙 150枚入り 鏡付ケース付き」
CHANEL

あぶらとり紙 150枚入り 鏡付ケース付き

¥2,778 (税別)

自慢したくなるCHANELのあぶらとり紙

女性なら誰しも知るCHANELのあぶらとり紙です。

一般的に高級ブランドが出している、あぶらとり紙は皮脂の吸着力が弱かったり、あぶらとり紙のサイズが小さかったりするのですがCHANELのあぶらとり紙はサイズも大きめで皮脂の吸着力も高くなっています。

そのため、CHANELというブランド力に加えあぶらとり紙としての効果も発揮されるアイテムとなっています。

ただ、少しお値段が高めなので外出用に用意しておいたりプレゼント用のあぶらとり紙として使うのがおすすめです。

無印良品
あぶらとり紙 100枚入り

371円
無印良品の「あぶらとり紙 100枚入り」
無印良品

あぶらとり紙 100枚入り

¥343 (税別)

大容量でコスパが優れてるあぶらとり紙

無印良品のあぶらとり紙は大容量なのに加えてお手頃なお値段で購入できるという事で人気が高いあぶらとり紙となっています。

また、コスパが良い上に和紙で出来ているので皮脂の吸着力も高いという事で自宅で使うあぶらとり紙として女性から人気が高いです。

GATSBY
あぶらとり紙 70枚入り 2パック

555円
GATSBYの「あぶらとり紙 70枚入り 2パック」
GATSBY

あぶらとり紙 70枚入り 2パック

¥513 (税別)

オイリー肌におすすめのあぶらとり紙

GATSBYは男性向けのブランドなのですが、GATSBYのあぶらとり紙は女性からの人気も高く女性の愛用者も多くいます。

黒いフィルムタイプのあぶらとり紙になっており、毛穴の奥にある皮脂までしっかり吸着してくれるという事でオイリー肌の方に人気がありお勧めです。

ただし、あぶらとり紙として非常に優秀で皮脂の吸着力が高いため普通肌の方や乾燥肌の方だと肌に必要な皮脂まで吸着してしまう事があるので使う場合は気をつけるようにしましょう。

FANCL
あぶらとり紙 100枚入り 3パック

795円
FANCLの「あぶらとり紙 100枚入り 3パック」
FANCL

あぶらとり紙 100枚入り 3パック

¥736 (税別)

柔らかい素材で肌に優しいあぶらとり紙

FANCLのあぶらとり紙はまるでティッシュを使ってるかのような柔らかさを感じるほど素材にこだわられています。

あぶらとり紙の素材が柔らかいので皮脂の吸着力も高いので人気があるのですが、少し破けやすいという欠点もあるので強くこすり過ぎないように気をつける必要があります。

また、FANCLのあぶらとり紙のレビューや口コミも高いものが多いので肌が弱い方にもおすすめです。

花王
シートタイプ あぶらとり紙 20枚入り 無香料

386円
花王の「シートタイプ あぶらとり紙 20枚入り 無香料」
花王

シートタイプ あぶらとり紙 20枚入り 無香料

¥357 (税別)

資生堂
あぶらとり紙 150枚入り

599円
資生堂の「あぶらとり紙 150枚入り」
資生堂

あぶらとり紙 150枚入り

¥554 (税別)

ORBIS
あぶらとり紙 30枚入り 5パック

1,296円
ORBISの「あぶらとり紙 30枚入り 5パック」
ORBIS

あぶらとり紙 30枚入り 5パック

¥1,200 (税別)

貝印
金箔打紙製法 あぶらとり紙 50枚入り

422円
貝印の「金箔打紙製法 あぶらとり紙 50枚入り」
貝印

金箔打紙製法 あぶらとり紙 50枚入り

¥390 (税別)

KOSE
ローズオブヘブン あぶらとり紙 70枚入り

540円
KOSEの「ローズオブヘブン あぶらとり紙 70枚入り」
KOSE

ローズオブヘブン あぶらとり紙 70枚入り

¥500 (税別)

カタニ
京都伝統 あぶらとり紙 48枚入り 2パック

519円
カタニの「京都伝統 あぶらとり紙 48枚入り 2パック」
カタニ

京都伝統 あぶらとり紙 48枚入り 2パック

¥480 (税別)

永豊堂
京都東寺 あぶらとり紙 50枚入り

648円
永豊堂の「京都東寺 あぶらとり紙 50枚入り」
永豊堂

京都東寺 あぶらとり紙 50枚入り

¥600 (税別)

よーじゃ
あぶらとり紙 20枚入り

780円
よーじゃの「あぶらとり紙 20枚入り」
よーじゃ

あぶらとり紙 20枚入り

¥722 (税別)

吉鷹金箔本舗
金箔屋 あぶらとり紙 120枚入り

482円
吉鷹金箔本舗の「金箔屋 あぶらとり紙 120枚入り」
吉鷹金箔本舗

金箔屋 あぶらとり紙 120枚入り

¥446 (税別)

あぶらとり紙の正しい使い方について

あぶらとり紙の正しい使い方をご存知でしょうか?

間違ったあぶらとり紙の使い方を続けてると肌トラブルに繋がってくる事もあるので、あぶらとり紙の正しい使い方をご紹介させていただきます。

あぶらとり紙の使い方を解説してくれている動画があるのでご覧いただければと思います。

あぶらとり紙を使う時の注意点について

あぶらとり紙のおすすめ人気ランキングをご紹介させていただきましたが、あぶらとり紙を使う際に注意するべき事があるのでご紹介させていただきます。

あぶらとり紙の使い方を間違えると肌トラブルに繋がってしまうリスクもあるので、あぶらとり紙を使う前に注意点を確認しておくようにしましょう。

あぶらとり紙で優しく抑える

やはり、あぶらとり紙を使う際に皮脂をたくさん取りたくなる方も多いかと思いますが皮脂を取りすぎると肌の保護成分まで取り除いてしまう事になるので、あぶらとり紙で肌を強く擦ったりせずに、あぶらとり紙で優しく肌を抑えるだけにしましょう。

優しくあぶらとり紙で肌を抑えるだけで十分に皮脂を取り除く事が出来ます。

あぶらとり紙で油分を取りすぎないようにする

あぶらとり紙で皮脂を取った後にまだ皮脂が残ってそうだからもう一度あぶらとり紙で同じ箇所の皮脂を取ろうとすると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう事になるので注意が必要です。

また、あぶらとり紙を1日に使う回数は多くても3~4回程度に抑えるのがおすすめです。

1日に何回もあぶらとり紙を使ってしまうと肌から油分がなくなってしまい乾燥肌になり潤いがなくなってしまう原因になってしまうので、あぶらとり紙を使いすぎないようにする事も肌を綺麗に保つためには重要な事です。

あぶらとり紙の後に化粧水を使うのがおすすめ

あぶらとり紙で皮脂を取り除いた後は肌から潤いが減ってしまうので、化粧水を使って肌に潤いを与えて保湿効果を高めるのがおすすめです。

女性だとあぶらとり紙を使ったあとに化粧水を使って肌を潤わせる事で化粧の乗りも良くなるので、ぜひあぶらとり紙で皮脂を取った後に化粧水でスキンケアをするようにしましょう。

【まとめ】あぶらとり紙のおすすめ人気ランキング

あぶらとり紙のおすすめ人気ランキングをご紹介させていただきましたが、あぶらとり紙について知りたい事を知れましたでしょうか?

あぶらとり紙は皮脂を吸着出来るのでおすすめなのですが、あぶらとり紙で皮脂を取り除きすぎると肌トラブルの原因になってしまうので適度にあぶらとり紙を使うようにしましょう。

まだ、あぶらとり紙を使った事がないという方はぜひ一度あぶらとり紙を使ってみると肌のベタ付きが減るうえに化粧の乗りも良くなるのでおすすめです。

プロモーション