冷蔵庫のおすすめ人気ランキング10選

食べ物や飲み物を冷やして保存するために使う家電である冷蔵庫。近年はメーカーによって様々な人気機能も開発され、便利になる反面選ぶポイントも難しくなってきました。それだけでなく、一人暮らし用の冷蔵庫や家族用の冷蔵庫、省エネタイプの冷蔵庫など数多くの種類の商品があります。

それでは、冷蔵庫の選び方に加えて冷蔵庫の専門家やプロライターもおすすめする冷蔵庫のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

冷蔵庫の選び方

冷蔵庫の購入を検討している方の中には、実際に冷蔵庫を購入しようと思っても何を基準にして冷蔵庫の商品を選べば良いのか分からない方も多くいると思います。

そこで、冷蔵庫に詳しい専門家がおすすめ推奨する冷蔵庫の選び方の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

一人暮らし用や家族用など用途に合わせた冷蔵庫の容量

まず冷蔵庫を選ぶときに最も重視するのが、どのくらいの容量のものを選べばいいのか。冷蔵庫は1度購入すると比較的長期間使用する可能性があるので、今後の家族構成などを考え、使用する人数に応じて容量を計算しましょう。計算するときの一つの目安として、人数×70+170(調味料などの常備食材や冷蔵効率をあげるためのスペースの確保)リットルで計算してみるといいでしょう。

例えば現段階で小さい子どもがいる家族の場合、5年後10年後には成長していくのでそれを見越した容量を選ぶ事も大事です。もし設置スペースに余裕があるようであれば、迷ったら1サイズ大きいタイプを購入することをおすすめします。

冷蔵庫のサイズや設置場所

冷蔵庫の幅や奥行き、高さだけが選ぶポイントではありません。扉を開いたときに壁や他の家具にぶつからないか、冷蔵庫部分の高さなどもしっかり確認してから購入しましょう。あと意外に忘れがちなのが冷蔵庫の背面部分の放熱スペースと搬入経路の確保です。冷蔵庫の効率や電気代の観点からもしっかりと確保しておく必要があります。

また、近年の冷蔵庫は大型化が進んでいて、搬入しようと思ったらできないというケースもたまに耳にします。お住まいの住宅の扉サイズ、廊下や階段部分のサイズも念のため確認してから購入する機種の検討をすることをおすすめします。

冷蔵庫内の収納レイアウト

冷蔵庫には大きく分けて、冷蔵室・冷凍室と別れている2ドアタイプとそれに野菜室を加えたタイプのものがあります。そのうち最も使用するのは冷蔵室のため、冷蔵室は上の部分に設置されているの現在の主流です。冷蔵室を開けたときに冷蔵庫をよく使用する人の身長で全ての棚が利用しやすいかどうかはチェックしておきましょう。また野菜室があるタイプの冷蔵庫に関しては最下部にあるのが現在の主流です。 ただ野菜室をよく使用する方をターゲットに野菜室を中段に持ってきたタイプの冷蔵庫もあります。実際の用途に合わせた冷蔵庫のレイアウトがあるかどうかを検討してみましょう。

冷蔵庫の電気代を抑えるなら省エネタイプがおすすめ

冷蔵庫は24時間365日稼働し続けるタイプの家電製品です。したがって省エネ性能も気になるところです。この目安になる数値が年間消費電力量です。まずこの数値が低いほど省エネ性能が優れていると言えるので、比較検討する段階で数値を見比べてみてください。 あとよく目にする省エネ基準達成率というのは、それぞれの製品の規格ごとに決まっている目標値(省エネ基準)に対してどの位クリアしているかというのを示す数値です。これも数値が高いものを選ぶとそれだけ省エネ性能に優れている製品を選ぶことができます。 省エネ達成基準星5段階で評価しているものもあるので星の数で比較するとわかりやすいかもしれません。

冷蔵庫におすすめの人気機能

最近の冷蔵庫は多機能化が進み各メーカーがイチ押しの機能を持っています。東芝であればRuRuRuチルドで食品の風味を保ちやベジータで野菜を美味しくいただけるような機能の冷蔵庫が出ています。シャープは独自のプラズマクラスター機能を冷蔵庫にも導入し、綺麗な空気で潤いを確保した冷蔵室が売りです。パナソニックは、はやうま冷凍・冷却機能があり忙しい共働き家族には嬉しい機能が付いています。 三菱は解凍なしで肉や野菜が切れる切れちゃう冷凍機能に注目が集まっています。それぞれの生活習慣や主に料理をする人の好みなどで様々な冷蔵庫が楽しめる時代になりました。

冷蔵庫のおすすめ人気ランキング10選

それでは、冷蔵庫のおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた冷蔵庫の選び方などをご参考にしながら気になる冷蔵庫があるかご覧いただければと思います。

また、冷蔵庫のおすすめ人気ランキングの順位はamazon、楽天、yahooショッピング及び当メディア経由での冷蔵庫の売れ筋など購買状況によってリアルタイムで更新されるようになっています。

4位

三菱電機
4位 置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46D

159,000円
三菱電機の「置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46D」
三菱電機

置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46D

最安値 159,000円
3位

日立
3位 R-F48M3

135,520円
日立の「R-F48M3」
日立

R-F48M3

最安値 135,520円
2位

三菱電機
2位 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52D

191,600円
三菱電機の「置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52D」
三菱電機

置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52D

最安値 191,600円

冷蔵庫の商品比較一覧表

冷蔵庫のおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を簡単に比較できる一覧表をご紹介させていただきます。

冷蔵庫の特徴を比較しながら気になる冷蔵庫があるかご覧いただければと思います。

画像 シャープの「SJ-PD28E」 日立の「R-F51M3」 シャープの「SJ-W411E」 東芝の「VEGETA GR-P41GXV」 パナソニックの「NR-FVF454」 三菱電機の「置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46D」 日立の「R-F48M3」 三菱電機の「置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52D」 パナソニックの「NR-F504HPX」 シャープの「SJ-W351E」
商品名 SJ-PD28E R-F51M3 SJ-W411E VEGETA GR-P41GXV NR-FVF454 置けるスマート大容量 Bシリーズ MR-B46D R-F48M3 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52D NR-F504HPX SJ-W351E
価格 72,247円 129,794円 102,600円 112,331円 123,000円 159,000円 135,520円 191,600円 194,000円 67,500円
商品ページ
楽天へ
amazonへ
楽天へ
楽天へ
楽天へ
yahooショッピングへ
楽天へ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

冷蔵庫レンタルもおすすめ

日立の「R-F51M3」

冷蔵庫の選び方や冷蔵庫のおすすめ人気ランキングなどを一通りご紹介させていただきましたが、次に 冷蔵庫レンタルについて ご紹介していきたいと思います。

今までは冷蔵庫が必要になったら 家電量販店や通販で商品を一括購入してから使うこと が一般的でしたが、近年になり冷蔵庫を購入するのではなく 1ヶ月単位で必要な期間だけレンタルで借りて から使うことも増えてきています。

しかし、多くの方は 冷蔵庫レンタルが本当にお得で安いのか 良く分からないと思うので、冷蔵庫レンタルの料金、メリット、デメリットなどを節約に詳しい専門家の意見を元にまとめさせていただいたのでご紹介していきたいと思います。

冷蔵庫のレンタルと購入はどっちが安い?

unknownの「冷凍・冷蔵庫」

冷蔵庫のレンタルを検討する上で、 冷蔵庫を購入するのと冷蔵庫をレンタルするのでは、どちらがお得なのか を知りたい方が多いと思います。

そこで、 どれぐらいの期間冷蔵庫を使うと 、冷蔵庫をレンタルで借りた方がお得なのか購入した方がお得なのかを簡単に比べられる比較表をご用意させていただきましたので、冷蔵庫のレンタルをご利用する際にご参考にしていただければと思います。

1ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
レンタル 月額1,296円 月額1,296円 月額1,036円 月額648円 月額324円
購入価格 初回一括 343,440円 0円 0円 0円 0円
レンタル総額 1,296円 7,776円 15,552円 27,984円 31,872円
購入価格 - レンタル総額 342,144円 335,664円 327,888円 315,456円 311,568円

比較対象の冷蔵庫について

先ほどの比較表を作成させていただく際に比較対象とさせていただいた冷蔵庫の商品をご参考までにご紹介させていただきたいと思います。

レンタル 購入
画像 unknownの「冷凍・冷蔵庫」 シャープの「SJ-W351E」
商品名 冷凍・冷蔵庫 SJ-W351E
料金 月額1,296円 67,500円
商品ページ
CLASへ
yahooショッピングへ
商品比較ページ
商品比較ページへ
商品比較ページへ

冷蔵庫レンタルはどんな時に使えば良いの?

パナソニックの「NR-FVF454」

冷蔵庫レンタルと購入した際の価格の違いを比較表でご紹介させていただいたのですが、 どういう時に冷蔵庫レンタルを利用するべきなのか 、まだ分からない方もいると思うので 冷蔵庫レンタルの活用事例 をいくつかご紹介していきたいと思います。

イベントなどで1日から1週間など冷蔵庫を短期で借りれる

お祭りなどで路上店を出したり学園祭で冷蔵庫が必要になった時など、 プライベートで使うのではなく共用の冷蔵庫として数日しか使う予定がない時 にレンタルが役立ちます。

もし、3日だけ冷蔵庫が必要であれば1日単位で借りられる冷蔵庫のレンタルサービスで冷蔵庫を借りることで 出費を大幅に抑えてお金を節約 できます。

単身で一人暮らしをしてる方などは引越しをする時の手間を減らせる

一人暮らしをしている方だと就職、転職、結婚などのライフイベントが発生したタイミングで新しい家に引越しをすることが多いと思うのですが、荷物を運ぶためのに多大な労力と費用がかかり大変だと思います。

そういう時に冷蔵庫など諸々をレンタルで借りてから使っていれば、 借りていた冷蔵庫を返品するだけで良い ので大きな荷物を運ぶ必要がなくなり 必要最低限の荷物だけで新居に引越しをすることが出来る ようになります。

冷蔵庫を処分する時の処分費を節約したい

引越しのタイミングで新しい冷蔵庫に買い替えたり、使ってた冷蔵庫が壊れたり古くなって新しい冷蔵庫に買い換えるときは、昔使ってた古い冷蔵庫を処分する必要があります。 大きめの冷蔵庫だと処分費で5万円以上かかる ことがありますが、そういう時に 冷蔵庫をレンタルで借りていれば処分費がいらない のでお得です。

目安としては 6年前後で1回冷蔵庫を買い換える なら レンタルの方が合計出費を抑えられる ことが多いです。

冷蔵庫が欲しいけどお金を節約したいとき

昔と比べて若者の収入が減り若者の貧困化が進んできています。そのため、少しでもお金を節約したいという方が多いと思うので、そういう時に 冷蔵庫をレンタルで借りることで 冷蔵庫を購入するのに必要な67,500円ほどの購入費を抑えて、月額1,296円でレンタル して使うことが出来るようになります。

冷蔵庫レンタル料金はいくら?【徹底比較】

東芝の「VEGETA GR-P41GXV」

冷蔵庫レンタルについてご紹介させていただきましたが、レンタル料金がいくらになるのかがまだ分からないと思うので、 冷蔵庫レンタルサービスごとのレンタル料金 をご紹介していきたいと思います。

冷蔵庫レンタルの主なサービスとして、CLAS、レンティオ、いろいろレンタルなどがあるので、それぞれのサービスのレンタル条件などを比較して自分にあったサービスを探してみましょう。また、レンタルサービスによって長期レンタル割でさらにお得なレンタル料金で借りれたり、一定期間冷蔵庫をレンタルするとレンタルしてた冷蔵庫が貰えるサービスもあるので上手く有効活用してみてください。

冷蔵庫 unknownの「冷凍・冷蔵庫」 unknownの「冷蔵庫付きワインクーラー」 unknownの「2ドア冷凍・冷蔵庫」
サービス名 CLAS CLAS CLAS
商品名 90L 68L 138L
価格 月額1,296円 月額1,512円 月額1,944円
商品
CLASで詳細を見る
CLASで詳細を見る
CLASで詳細を見る

冷蔵庫レンタルサービスの選び方

東芝の「VEGETA GR-P41GXV」

冷蔵庫をレンタルで借りる際にレンタル料金も重要なのですが、レンタルサービスごとにレンタル対象地域、商品を受け取れる最短日数、商品破損時の保証などレンタル条件が異なっているのでレンタルサービス選びで失敗をしないためにもレンタルサービスの選び方を知る必要があります。

そこで、冷蔵庫レンタルを利用する際に確認しておくべき重要な確認事項や注意点などをまとめさせていただいたのでご参考にしていただければと思います。

冷蔵庫レンタルに対応してる地域(東京、大阪、福岡、名古屋など)なのかを調べる

まず、冷蔵庫をレンタルで借りる際に大切になってくるのは自分の住んでいる地域がレンタルに対応している地域なのか調べることです。

冷蔵庫をレンタルしているサービスや会社によっては、貸し出し対象地域が地元限定で冷蔵庫のところもあるので、事前にレンタルに対応している地域をしっかりと確認してから申し込むようにしましょう。

冷蔵庫のレンタルを急いでるなら当日や即日に受け取れるかを調べる

冷蔵庫をレンタルで借りる場合は、最短受取日がいつになるのかを確認するようにしましょう。冷蔵庫を当日や即日に受け取りが出来るレンタルサービスもあれば、最短でも2~3日後でないと商品を受け取れないサービスもあります。

そのため、急ぎで冷蔵庫をレンタルしないといけない場合は、必ず最短受取日を確認してから冷蔵庫レンタルへ申し込みをするようにしてください。

また、一部の冷蔵庫レンタルサービスは実店舗展開をしているので、お急ぎの場合は実店舗での受け取りが出来るかも確認してみるのがおすすめです。

冷蔵庫レンタルのメリットとデメリットを理解する

冷蔵庫レンタルには、当然ですがメリットもあればデメリットもあります。そのメリットとデメリットを冷蔵庫を借りる前に知っておくことで、冷蔵庫をレンタルして借りてから想像してたのと違うという理由で後悔するリスクを減らせるようになります。

それでは、冷蔵庫レンタルの代表的なメリットとデメリットを簡単にまとめさせていただいたのでご参考にしていただければと思います。

冷蔵庫レンタルのメリット
    月額1,296円 から冷蔵庫を利用できるのでお金の節約になる レンタルで借りていた冷蔵庫が古くなったり壊れた時には返品して 新しい冷蔵庫に交換できる 冷蔵庫のレンタル期間が6年以下なら 購入するよりもレンタルの方がお得 1日、1週間、1ヶ月など冷蔵庫を使う必要がある期間だけレンタルで借りられる
冷蔵庫レンタルのデメリット
    発売されたばかりで新商品の 冷蔵庫はレンタルで扱われていない ことがほとんどなので新商品を使いたいならレンタルはおすすめできない 綺麗に清掃はされるものの他の人が使ってた冷蔵庫をレンタルで借りることになるので 冷蔵庫のレンタルは中古品が苦手な人には合わない

冷蔵庫レンタルならCLASが人気でおすすめ

パナソニックの「NR-FVF454」

CLASは冷蔵庫レンタルサービスの1つです。他のレンタルサービスと比較して、CLASはレンタル料金が安く保証も充実していて、初めて冷蔵庫レンタルを利用するという方でも簡単に申し込みがしやすくなっているので、冷蔵庫レンタルのご利用を検討していましたらCLASの公式ページをご覧いただければと思います。

unknown
冷凍・冷蔵庫

1,296円
unknownの「冷凍・冷蔵庫」
unknown

冷凍・冷蔵庫

月額 1,296円

冷蔵庫のレンタルのサービス一覧表

unknownの「冷凍・冷蔵庫」

冷蔵庫をレンタルできるサービスはいくつかありますが、それぞれサービスの特徴、レンタル期間、商品ジャンル、破損時の保証などが異なっています。

そこで、ご参考までに冷蔵庫レンタルができるサービスの一覧表をご用意させていただいたのでご覧いただければと思います。 一般的な相場は15000円

サービス名 CLAS レンティオ いろいろレンタル
特徴 20,000円 0円 0円
最低レンタル期間 1ヶ月 1日 1日
レンタル商品ジャンル 家具、家電、日用品 家具、家電、日用品 家具、家電、日用品
破損時の保証 全額保証 全額保証 全額保証

冷蔵庫の売れ筋ランキング

冷蔵庫の選び方や冷蔵庫のおすすめ人気ランキング、冷蔵庫を安く借りられる冷蔵庫レンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる冷蔵庫が見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での冷蔵庫の売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 冷蔵庫 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 冷蔵庫 売れ筋ランキング

まとめ

冷蔵庫の選び方やおすすめ人気ランキングなどをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介させていただいた冷蔵庫以外にも多くの商品があるのでお気に入りの冷蔵庫があるのか探してみるようにしましょう。

記事の監修と執筆をした冷蔵庫の専門家のプロライターについて

冷蔵庫の専門家
けんじさん

けんじさんは、冷蔵庫の専門的な知識を活かして専門記事の監修と執筆をして活躍しているプロライターです

記事の監修・執筆をした冷蔵庫の専門家でありプロライターであるけんじさんの経歴と自己紹介 記事の監修・執筆をしたプロライターであるけんじさんの経歴と自己紹介

初めまして、冷蔵庫の専門家として、冷蔵庫に関する専門記事の監修と執筆をしているけんじと申します。

長い間、冷蔵庫を愛用してきて、冷蔵庫に関する多くの専門的な知識を得てきました。現在はその経験と専門的な冷蔵庫の知識を元に専門性の高い記事の監修と執筆をさせていただいています。

キッチンのおすすめ記事