アイロンのおすすめランキング10選

洋服にしわが寄っていると、どうしてもだらしない印象になってしまいます。折り目をしっかりつけて、しわをなくすアイテムとしてアイロンが便利です。現在ではいろいろな種類のアイロンが出てきています。

アイロン の選び方

アイロンを購入したければ、使い勝手がいいかどうか、スムーズに衣服の表面を滑ってくれるかなど多角的に比較をすることです。そのほかにも電気料金などもこまめに使用する人は重視したいところです。

アイロンのかけ面の素材で比較する

スムーズにアイロンがけができるかどうかは、かけ面が滑りやすいかどうかにかかっているといえます。言い換えるなら、かけ面の素材がなんであるかは比較ポイントになりえます。滑りやすいというところで比較すると、セラミック系やチタン系がおすすめです。

ただしセラミック系は価格の高くなる傾向があります。リーズナブルで滑りやすいアイロンを探すとなると、チタン系のかけ面のものを選ぶといいでしょう。フッ素系は安価な半面、滑り具合は今一つと感じる人もいるようです。

アイロンのコードについて

使い勝手を重視したければ、アイロンにコードがついているかどうかを比較しましょう。コードレスのアイロンであれば、コードで作業を妨げられるような心配もなくなります。ただしコードレスの場合、温度にムラが生じるかもしれません。

コードレスの場合、使用する前に電源コンセント付きの台で蓄熱をして、その余熱を使ってアイロンがけを行います。このため、数分おきに蓄電する必要が出てきます。コード付きであれば、常に電力の供給が受けられるので、長時間でもずっと高温の状態を保てます。

アイロンの重量で比較する

女性で非力な方や出張など旅先にアイロンを携帯したい場合、あまり重たくない種類を選ぶことが大事です。人によって感じ方には若干違いがありますが、目安になるのは1kgといわれています。

1kgを超えてくると、女性や持ち運びをする方からすると少し重たく感じられるかもしれません。一方シーツやシャツなど折り目をくっきりつけたいとなると、1kg以上の重みがあったほうがいいとも考えられます。

アイロンの消費電力で比較

アイロンを頻繁に使用する方の場合、消費電力も重要です。近年ハンディで手軽に持ち運びできるようなカジュアルなアイロンであれば、600W以下のものも出てきています。ワット数が少なければ、電力の消費も節約できます。

しかしワット数が少ないと、それほど大きな熱量を発することができなくなります。その結果、しわを伸ばしたり折り目を付けたりするのが難しくなるかもしれません。家庭で使用するのであれば、1000W以上あるものの方がアイロンがけもスムーズに行えるでしょう。

アイロン のおすすめ人気ランキング

ティファール
アクセススチーム ライト DT7002J0

6,800円
ティファールの「アクセススチーム ライト DT7002J0」
ティファール

アクセススチーム ライト DT7002J0

最安値 6,800円

東芝
La・Coo S TAS-X4(N) [レディッシュブロンズ]

10,303円
東芝の「La・Coo S TAS-X4(N) [レディッシュブロンズ]」
東芝

La・Coo S TAS-X4(N) [レディッシュブロンズ]

最安値 10,303円

アイリスオーヤマ
IRS-01-WS [ホワイトシルバー]

5,488円
アイリスオーヤマの「IRS-01-WS [ホワイトシルバー]」
アイリスオーヤマ

IRS-01-WS [ホワイトシルバー]

最安値 5,488円

ティファール
トゥイニー ジェットスチーム DV9000J0

4,371円
ティファールの「トゥイニー ジェットスチーム DV9000J0」
ティファール

トゥイニー ジェットスチーム DV9000J0

最安値 4,371円

東芝
美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW910(N) [サテンゴールド]

13,075円
東芝の「美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW910(N) [サテンゴールド]」
東芝

美(ミ)ラクルLa・Coo TA-FLW910(N) [サテンゴールド]

最安値 13,075円

ライフスタイルのおすすめ記事