電気ストーブのおすすめ人気ランキング10選

冬場の厳しい寒さの時に、電気ストーブがあると部屋の中が暖まり重宝します。これから電気ストーブを購入しようと思っている方で、具体的に何を基準にして購入すればいいかわからないと思っていませんか?当サイトは商品選びのポイントやおすすめの電気ストーブ10個について、詳しく見ていきます。

それでは、ストーブ・ヒーターの選び方に加えて、ストーブ・ヒーターの専門家やプロライターもおすすめするストーブ・ヒーターのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

電気ストーブとは

電気ストーブとは、電熱線を熱源とした暖房器具のことです。具体的に見てみると、ニクロム線をコイル状に巻き石英ガラスのパイプに通す仕組みとなっています。このヒーターが熱風を生み出すことで、部屋の中を暖めます。

近年ではコンパクトサイズのアイテムも出てきています。足元を暖めるなど、ピンポイントで暖められるような商品も出ています。

電気ストーブは足元を暖めるのにも大活躍

電気ストーブは暖房器具の中でも構造がいたってシンプルです。このため、コンパクトで軽量な種類も多く出ています。よって足元のような限られた範囲を暖めるのに適しています。

暖房をつけても部屋全体がなかなか暖まらないこともあります。足元に電気ストーブをセッティングすれば、すぐに暖めることが可能で重宝します。

小型の電気ストーブは省エネでおすすめ

電気ストーブというと、電気代がかさむのではないかと思っている人もいるでしょう。これは製品の機能によってまちまちです。ただし小型タイプの電気ストーブであれば、さほど電力を消費するわけではないです。

電気ストーブは短時間で暖めるため、部屋全体を暖めるのはエアコンを使用するなど併用するといいです。そうすれば、電気代の節約効果も期待できます。

電気ストーブのつけっぱなしには要注意

電気ストーブをつけっぱなしにしていると、火災などの危険性も生じます。例えば可燃性のものがストーブにかかってしまって、燃え移ってしまう恐れも出てくるからです。

またつけっぱなしにしていると、どうしても電気代もかさんでしまいます。短時間で限られた部分を暖められる特性を生かす使い方を考えるといいでしょう。

電気ストーブで部屋全体を暖められるのか?

電気ストーブは、一定の限られた範囲を暖めるための暖房器具です。暖房器具は数ありますが、その中でもパワー的には決して優れているものではないです。

部屋の広さにもよりますが、部屋全体を暖めるための暖房アイテムには向いていません。もし部屋全体を暖めたければ、エアコンを使うのがおすすめです。

電気ストーブの種類

電気ストーブと一言で言いますが、その中でもいくつかの種類に分類できます。主だったものとして、ハロゲンヒーターやカーボンヒーター、グラファイトヒーター、ニクロム線電気ヒーター、パネルヒーター、セラミックヒーターがあるのでその特徴についてみていきます。

ハロゲンヒーター |数秒で暖めることも可能

ハロゲンヒーターとは文字通り、ハロゲンランプを使って発熱する方式のストーブです。ハロゲンランプには放射熱を発生する働きがあって、これを持って部屋を暖めていきます。

発熱体にハロゲンというランプを使っているため、効率的に空気を暖められます。電源を入れて数秒で暖められるような器具もあるほどです。

カーボンヒーター |少ない電力でも暖房効果が

カーボンヒーターとは、ガラス管の中に入っている炭素繊維を熱することで遠赤外線を発することにより暖めるストーブです。遠赤外線は直進性に優れているため、体に向けた使い方がおすすめです。

比較的少ない電力でもそれなりの暖房効果が期待できる使い勝手のいいストーブといえます。リーズナブルで、ラインナップも充実しています。

グラファイトヒーター |カーボンヒーターの上位モデル

カーボンヒーターのワンクラス上のモデルといわれていて、同じく遠赤外線を発生させます。ただし熱源が炭素繊維ではなく、黒鉛を使っているのが異なる点です。

速暖性に優れているのが最大の特色といわれます。近年では1秒以内で立ち上がるようなモデルも出ています。カーボンヒーターと比較すると暖房能力の面でも優れています。

ニクロム線電気ヒーター |昔ながらの電気ストーブ

昔からあるスタンダードな電気ストーブといえます。ニクロム線に石英管が巻かれた方式で、このニクロム線に電気を通すことで輻射熱が発生します。

低価格で販売されている商品が多いため、導入コストを抑制したい人におすすめです。ただし暖まるまでに時間がかかってしまうのがデメリットといえます。

パネルヒーター |安全性の高い電気ストーブ

パネルの中に電熱線が搭載されていて、そこに電気を通すことで暖める方式です。60度くらいにしかならないので、直接パネルが体にあたってもやけどのリスクが低いです。

ファンも使っていないため、ほこりも出にくく掃除しやすいです。子供部屋などでも安心して使用できるため、安定した人気があります。

セラミックヒーター |排気ガスなしのクリーンなヒーター

セラミックを電気で発熱させて部屋の空気を暖める電気ストーブです。電気を入れると温風がすぐ出るスピーディさが魅力です。

セラミックヒーターの場合、燃料を燃やして熱を出すわけではないです。このため有害な排気ガスを出す心配もなく、クリーンな暖房器具といえます。このため室内の換気を気にする必要はないです。

電気ストーブの選び方

電気ストーブは今では多種多様な製品がラインナップされています。その中でどれを選べばいいかわからないと思っていませんか?まずは何を基準にするかを決めることが大事です。ここでは電気ストーブを選ぶいくつかのポイントについて、詳しく見ていきます。

人感センサーや転倒防止機能など電気ストーブの安全性

電気ストーブは使い方を誤ると火事などの被害が起こりやすいです。そこで安全機能が搭載されているかどうかチェックしてみるのはいかがですか?近年の電気ストーブには、転倒すると自動的に電源がオフになる機能が搭載されています。

また人感センサーの搭載されているものもあります。人がいないときに自動的に電源オフになるため、安全面だけでなく省エネ効果も期待できます。

電気代に影響する電気ストーブの消費電力の大きさ

電気ストーブによって、消費電力が異なります。もし少しでも電気代を節約したいと思っているのであれば、消費電力をチェックしてみることです。頻繁にストーブを使おうと思っている人は、意識したほうがいいです。

スチームやタイマー、温度調整機能などの機能性

近年では機能性に優れた電気ストーブも出てきています。温度調節ができたり、タイマー設定可能だったりなどです。スチームの出る電気ストーブもあって、部屋の乾燥を防げると注目を集めています。

おしゃれな見た目やデザインの電気ストーブ

デザイン性で電気ストーブを比較する方法もあります。周りのインテリアと調和の取れるようなものを購入すれば、部屋で浮くこともないです。ワンルームなどは電気ストーブの存在感が強いので、おしゃれ度に大きく影響します。

電気ストーブの価格

電気ストーブの価格は商品によって異なり、2000~1万円の価格帯で販売されています。機能性に優れたストーブになると、どうしても価格も高くなる傾向が見られます。予算に合わせて商品選びをしましょう。

電気ストーブのおすすめ人気ランキング10選

電気ストーブの選び方のポイントについて紹介しましたが、では具体的にどの商品がおすすめか知りたいという方もいるでしょう。そこでここでは人気のおすすめ電気ストーブについて、具体的に10アイテム紹介していきます。

10位 アラジン AEH-G403N-W

1位

Aladdin (アラジン)
1位 アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G403N-W

3,889円
Aladdin (アラジン)の「アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G403N-W」
Aladdin (アラジン)

アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G403N-W

最安値 3,889円

コンパクトサイズのため、キッチンやトイレなどいろいろな部屋で活用できる電気ストーブです。軽量で女性でも片手で簡単に持てるので持ち運びも楽です。

200Wと400Wの2段階に切り替えられますから、自分好みに暖かさを調整できます。個人的に使用したいと思っている人におすすめの逸品です。

9位 アラジン CAH-2G92A-G

1位

Aladdin (アラジン)
1位 遠赤グラファイトヒーター CAH-2G92A

16,665円
Aladdin (アラジン)の「遠赤グラファイトヒーター CAH-2G92A」
Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトヒーター CAH-2G92A

最安値 16,665円

電源を入れると0.2秒で立ち上がるため、寒い部屋でもすぐに暖められます。遠赤外線で暖めるので、体の芯まで温めることが可能です。

ダイヤルを回すと数字が光って表示されるため、暗いところでも操作しやすいです。チャイルドロック機能がついているので、小さなお子さんのいる家庭におすすめの電気ストーブです。

8位 山善 DSE-KC106(T)

1位

山善(YAMAZEN)
1位 遠赤外線電気ストーブ スチーム式加湿機能付 DSE-KC106

2,726円
山善(YAMAZEN)の「遠赤外線電気ストーブ スチーム式加湿機能付 DSE-KC106」
山善(YAMAZEN)

遠赤外線電気ストーブ スチーム式加湿機能付 DSE-KC106

最安値 2,726円

スタンダードなスタイルの電気ストーブです。電気ストーブ初心者でも使いやすいところがおすすめポイントです。

暖房器具を使用すると、部屋の中の乾燥が気になるという人もいるでしょう。こちらの電気ストーブには加湿機能が搭載されているため、部屋を暖めるだけでなく潤いも感じられるでしょう。

7位 デロンギ MDH09-PB

1位

DeLonghi(デロンギ)
1位 マルチダイナミックヒーター MDH09

42,239円
DeLonghi(デロンギ)の「マルチダイナミックヒーター MDH09」
DeLonghi(デロンギ)

マルチダイナミックヒーター MDH09

最安値 42,239円

こちらの電気ストーブは8通りの自動温度調整機能が搭載されています。このためどのような方でも快適な温度で部屋の中を維持できます。無駄に加熱をしないため、電気代も節約できます。

スピーディに部屋の中を暖められるところも特色の一つです。外気温5度から20度にまで25分で持っていけます。従来商品の約2倍のスピードです。

6位 haplifeセラミックヒーター

1位

haplife
1位 セラミックヒーター

3,484円
haplifeの「セラミックヒーター」
haplife

セラミックヒーター

最安値 3,484円

電源を入れると3秒以内で熱風が出るスピーディさが特徴の電気ストーブです。しかも電源スイッチを入れるだけで作動するので、初心者でもすぐに使い方をマスターできます。

サーモスタットが搭載されているのも見逃せないポイントです。温度が高くなりすぎると自動的に電源を切る機能もついています。

5位 コロナ DH-91RA

1位

コロナ(CORONA)
1位 コロナ 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-91RA(W)

15,649円
コロナ(CORONA)の「コロナ 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-91RA(W)」
コロナ(CORONA)

コロナ 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-91RA(W)

最安値 15,649円

視認性の高い電気ストーブで、運転状態も一目で確認できます。うっかり消し忘れなどのミスを予防できます。温度調整ダイヤルがついているため、快適な温度設定も可能です。

スタイリッシュなデザインにまとまっているため、部屋のインテリアとしても活用できます。スリムなフォルムのため、ちょっとした隙間でも設置可能です。

4位 アラジン AEH-G406N-G

1位

Aladdin (アラジン)
1位 遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N

5,538円
Aladdin (アラジン)の「遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N」
Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N

最安値 5,538円

グラファイトタイプの電気ストーブで、立ち上がりの速さが魅力です。電源を入れると0.2秒で立ち上がるため、速やかに部屋を暖められます。

コンパクトサイズにまとまっているので、トイレやキッチンなどでも手軽に利用できます。軽量な暖房器具のため、片手で持てるほどの重さで複数の部屋にまたがって使える電気ストーブです。

3位 山善 DS-F041

1位

山善(YAMAZEN)
1位 山善 あしもとあったか 電気ストーブ 400W レトロホワイト DS-F041(RW)

1,626円
山善(YAMAZEN)の「山善 あしもとあったか 電気ストーブ 400W レトロホワイト DS-F041(RW)」
山善(YAMAZEN)

山善 あしもとあったか 電気ストーブ 400W レトロホワイト DS-F041(RW)

最安値 1,626円

コンパクトサイズの電気ストーブのため、トイレや脱衣所など様々なシーンで活用できます。万が一転倒した場合、自動的に電源がオフになる安全装置も搭載されています。

昔ながらのデザインで、懐かしさも感じさせてくれます。キュートなデザインに仕上がっているため、部屋のインテリアアイテムとしても活用できます。

2位 アイリスオーヤマ EHT-800W

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
1位 電気ストーブ EHT-800W

2,112円
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「電気ストーブ EHT-800W」
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

電気ストーブ EHT-800W

最安値 2,112円

電源を入れるとすぐに部屋が暖かくなります。しかも400Wと800Wと2段階に切り替えられるため、適度な室温をキープできます。

電気ストーブを使用中に転倒した場合、自動的に電源が切れます。このため安心して使用できるでしょう。重さも1.7㎏程度ですから、持ち運びでもさほど苦労することもないです。

1位 山善 DSE-C106

1位

山善(YAMAZEN)
1位 遠赤外線電気ストーブ DSE-C106

4,517円
山善(YAMAZEN)の「遠赤外線電気ストーブ DSE-C106」
山善(YAMAZEN)

遠赤外線電気ストーブ DSE-C106

最安値 4,517円

出力を3段階に分けているため、好みの温度に調節できる電気ストーブです。「切」「弱」「中」「強」の3段階に合わせるだけで操作できるため、使いやすいです。

誤ってストーブを転倒させた場合でも、自動的に電源がオフになる機能も搭載されています。安心安全設計であるところもおすすめポイントです。

電気ストーブの比較

電気ストーブのおすすめ人気ランキングでご紹介させていただいた商品を一覧表としてまとめさせていただきました。電気ストーブの特徴を比較しながら気になる電気ストーブを選んでみましょう。

画像 Aladdin (アラジン)の「アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G403N-W」 Aladdin (アラジン)の「遠赤グラファイトヒーター CAH-2G92A」 山善(YAMAZEN)の「遠赤外線電気ストーブ スチーム式加湿機能付 DSE-KC106」 DeLonghi(デロンギ)の「マルチダイナミックヒーター MDH09」 haplifeの「セラミックヒーター」 コロナ(CORONA)の「コロナ 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-91RA(W)」 Aladdin (アラジン)の「遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N」 山善(YAMAZEN)の「山善 あしもとあったか 電気ストーブ 400W レトロホワイト DS-F041(RW)」 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「電気ストーブ EHT-800W」 山善(YAMAZEN)の「遠赤外線電気ストーブ DSE-C106」
商品名 アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G403N-W 遠赤グラファイトヒーター CAH-2G92A 遠赤外線電気ストーブ スチーム式加湿機能付 DSE-KC106 マルチダイナミックヒーター MDH09 セラミックヒーター コロナ 遠赤外線電気ストーブ「コアヒートスリム」(省エネ「ecoモード」搭載) ホワイト DH-91RA(W) 遠赤グラファイトヒーター AEH-G406N 山善 あしもとあったか 電気ストーブ 400W レトロホワイト DS-F041(RW) 電気ストーブ EHT-800W 遠赤外線電気ストーブ DSE-C106
価格 3,889円 16,665円 2,726円 42,239円 3,484円 15,649円 5,538円 1,626円 2,112円 4,517円
商品について
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ
商品ページへ

電気ストーブの売れ筋ランキング

電気ストーブの選び方や電気ストーブのおすすめ人気ランキング、電気ストーブを安く借りられる電気ストーブレンタルなどを一通りご紹介させていただきました。 気になる電気ストーブが見つかった方もいれば、まだお気に入りが見つかっていない方もいると思うので、ご参考までにamazon、Yahooショッピングなどの 通販での電気ストーブの売れ筋ランキングをご紹介させていただきたいと思います。

Amazon 電気ストーブ 売れ筋ランキング

Yahooショッピング 電気ストーブ 売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたか?電気ストーブと一言で言っても、その商品ラインナップは多種多様です。その中でどれを購入するか、まず何を優先して商品を比較するか、自分の中で基準を明確にすることです。そのうえで、そのポイントに強みを持っている製品を見つけることです。

多機能性の電気ストーブも近年ではいろいろと出ています。またデザイン性にこだわったアイテムも見られ、人気があります。部屋のスタイルに合わせて、どのストーブであればフィットするかという視点で比較するのもおすすめです。

記事の監修と執筆をした電気ストーブの専門家のプロライターについて

電気ストーブの専門家
けんじさん

けんじさんは、電気ストーブの専門的な知識を活かして専門記事の監修と執筆をして活躍しているプロライターです

記事の監修・執筆をした電気ストーブの専門家でありプロライターであるけんじさんの経歴と自己紹介 記事の監修・執筆をしたプロライターであるけんじさんの経歴と自己紹介

初めまして、電気ストーブの専門家として、電気ストーブに関する専門記事の監修と執筆をしているけんじと申します。

長い間、電気ストーブを愛用してきて、電気ストーブに関する多くの専門的な知識を得てきました。現在はその経験と専門的な電気ストーブの知識を元に専門性の高い記事の監修と執筆をさせていただいています。

インテリア・雑貨のおすすめ記事

インテリア・雑貨の記事ランキング

インテリア・雑貨 2019年05月19日
インテリア・雑貨 2019年05月19日
インテリア・雑貨 2019年05月19日
インテリア・雑貨 2019年05月19日
インテリア・雑貨 2019年05月19日
インテリア・雑貨 2019年05月19日